ビッグウェーブで商売繁盛!建築 看板の企画・デザイン・施工から販促まで 集客に繋がるアイデアをご提案します!看板シートのご依頼・ご相談はお任せください。

トップ > Q&A一覧 > 袖看板をカッティングシートで作成できますか?

袖看板をカッティングシートで作成できますか?

はい、できます。

カッティングシートとは、元々色がついている、粘着剤(糊)付きの塩ビフィルムシートのことです。

 

カッティングシートとは?

カッティングシートは、コンピューターでデザインデしたータを読み込み、デザインに添って看板に貼るための形にシートを加工できるプロッターと呼ばれる機械で、文字やロゴを表現できます。

しかし、プロッターで加工をした後に、文字型・デザイン型に加工したシートの不要な部分を除いていく「かす取り」という作業があります。この作業は、1色毎に繰り返すため、使う色数が多い場合・サイズが小さく困難な場合には、カッティングシートはおすすめできません。

一方、インクジェットシートというものがあります。

インクジェットシートとは、大判のプリンターを使用し、デザインを印刷する専用のシートのことです。インクジェットシートもカッティングシートと同じように、シートに粘着剤(糊)がついています。印刷のため、グラデーション・写真のような印刷も可能となり、表現性に優れているシートです。

 

カッティングシートのメリット・デメリットとは?

カッティングシートのメリット

看板屋さんからサンプルを見せてもらい、希望通りの色で文字やロゴを表現できる。
の屋外耐候性は、5年程度で、高耐候のものでは7年程度のものもある。

 

カッティングシートのデメリット

色数は多いが、グラデーション・写真の表現ができない。

 

表現したいデザインや作りたい看板、貼る場所によって使うシートも様々です。用途に合わせてシートをお選びください。

 

そのほかの「よくある質問」はこちら