ビッグウェーブで商売繁盛!建築 看板の企画・デザイン・施工から販促まで 集客に繋がるアイデアをご提案します!看板シートのご依頼・ご相談はお任せください。

トップ > Q&A一覧 > 集客アップにつながる看板は、どうやって作るのですか?

集客アップにつながる看板は、どうやって作るのですか?

集客アップにつながる看板を制作成は、より集客効果の高い看板を制作することです。

そのためには、まず購買における消費者心理を理解することが重要なポイントになります。
購買心理を表した法則で、「AIDMAの法則」があります。

AIDMA(アイドマ)の法則は、「購買心理」における一つの仮説であり、現在ではビジネス社会で広く活用され、効果のある法則だと認識されています。

消費者は、一般的に一つの商品を知ってから購買に移るまでに5つの心理プロセスを経由します。

 

消費者の5つの心理プロセスとは?

  1. Attention(注意・認知)
  2. Interest(興味)
  3. Desire(欲求)
  4. Memory(記憶)
  5. Action(行動)

これらの頭文字を取って、法則化したものが「AIDMAの法則」です。

 

消費者は、商品を知ってからいきなり消費するわけではありません。商品を知り、まずその商品に興味を持ち、自分なりに調べて必要性を確認した上で、欲しいという欲求があれば記憶され、タイミングが来たら購入するというプロセスを踏んで、一つの商品を消費しています。

つまり、お客様のお店もしくは、会社等を利用してもらうためには、お店の外観を通じ、上記の5つの消費者心理を効果的に刺激する必要があります。
消費者は、発見してから即消費に移るわけではありません。商品の内容を知り、興味を持って、欲求を刺激され、初めて消費します。

 

看板の真の目的は、集客アップにつなげたいものがほとんどです。そのため、これらの「注意・認知」を目的とした看板というだけでは不十分です。一つの看板に多すぎる情報を記載するのは、どの情報が最も伝えたいのか伝わりにくく、消費者の欲求を刺激したり、記憶してもらうことに繋げることができません。よって、集客アップにはつながりません。

 

一つの看板に記載する内容は、多くても3~5つくらいの情報が最適です。異なる効果のある看板をいくつか組み合わせて設置することで、集客アップにつながる看板になり、高い集客効果を得ることにもつながります。

 

そのほかの「よくある質問」はこちら