ビッグウェーブで商売繁盛!建築 看板の企画・デザイン・施工から販促まで 集客に繋がるアイデアをご提案します!看板シートのご依頼・ご相談はお任せください。

トップ > Q&A一覧 > 新しく看板を設置する予定ですが、法律など注意することはありますか?

新しく看板を設置する予定ですが、法律など注意することはありますか?

看板を設置する場合に必要な法律・条例、設置する看板によって、必要な申請があります。

看板の設置に必要な3つの申請とは?

次の3つの申請が必要となります。

  1. 屋外広告物許可申請
  2. 道路占用申請
  3. 工作物確認申請

 

 

屋外広告物許可申請とは?

屋外に常時または一定期間継続して看板を設置する場合、広告掲載をする場合に必要な申請です。

例えば、お店の外壁にある看板、一時的に掲出するキャンペーン等の看板も条例の対象となる場合があります。看板を設置するには、下記のような看板を設置する際に、この申請を必ず行政に提出し、許可をもらう必要があります。

 

例:大きな看板を設置する場合、看板を複数設置する場合、看板の色・デザインが派手な場合など

 

一例ですが、デザインが派手な場合は、市町村によっては、景観の統一を図るために看板の色やデザインに規制をしている場合があり、分かりやすい場所としては京都があげられます。景観の規制がされている場所がありますので、必ず問い合わせをしてください。

 

道路占用許可申請とは?

看板が道路に突き出している場合に必要な申請です。

主に「壁面看板」「袖看板」「オーニング」「スポットライト」などが対象看板となります。地面から看板までの高さや道路に、どれだけはみ出しているかの出幅に制限が設けられてるのが一般的です。道路は誰もが通行できる場所です。そのため、その場所に看板を設置するということは、通行の妨げになっていると判断されます。

道路占用許可を取得し、看板の設置を認めてもらわなくてはいけません。許可された場合には、占用料を支払う義務があります。金額は物件の種類や大きさ、道路の種類(国道、都道府県道、市区町村道等)によって異なり、道路占用許可は、一定期間で更新が必要となりますので、特にご注意ください。

 

工作物確認申請とは?

看板の大きさが4mを超える場合に必要な申請です。

主に「ポール看板」「袖看板」「自立看板」「塔屋看板」などが対象看板となります。工作物確認申請は、看板本体の大きさが4m以上の場合に申請が必要となりますので、比較的大きな看板の設置を考えているお客様は、ご注意ください。申請には、看板の基礎や構造に関する専門的な情報提出や、様々な書類を出さなければいけません。

 

看板には、安全面や景観、街並みなどに配慮すべく規制が多く存在します。上記の3つを見ても、専門的な内容や提出書類が多く、お客様自身で申請することはとても困難です。プロの看板屋さんでも申請に慣れている方、不慣れな方がいらっしゃいますので、申請がスムーズに対応できる看板屋さんかどうかを確認の上、ご依頼するようご注意ください。

 

そのほかの「よくある質問」はこちら