ビッグウェーブで商売繁盛!建築 看板の企画・デザイン・施工から販促まで 集客に繋がるアイデアをご提案します!看板シートのご依頼・ご相談はお任せください。

トップ > Q&A一覧 > 看板の7秒ルールとは、なんですか?

看板の7秒ルールとは、なんですか?

看板の7秒ルールというのは、通行している人が、看板を正しく認識できるまで最低7秒必要ということです。

通行している人が、お店を通る7秒前から「何のお店なのか」「何のサービスを提供しているのか」を認識してもらえなければ、たとえニーズがあったとしても正しく認識できずに通り過ぎてしまうということです。

 

看板が満たすべき3つの条件とは?

  1. 必ず通行している人に対して、出来る限り移動目線の延長線から約7秒間見え続けられる設置位置になっているか?
  2. 7秒の中で正しく訴求内容を的確に認知してもらえているか?
  3. 興味喚起になる工夫をするにはどうすればいいのか?

 

看板は、ただ一方的に伝えたい内容を掲げるだけでなく、上記のポイントを押さえ、消費行動につなげなくては意味がありません。

まずは、看板に気づいてもらい、そこに何の看板があるかを認識してもらうことが重要となります。消費者の記憶に残る看板を設置するには、この看板の7秒ルールを知っているだけで、街中での看板の見方も変わってきます。

 

印象に残っている看板は、7秒ルールにきちんと当てはまっているものが多く、コンビニ・ガソリンスタンド・ホームセンター・レストランなどの大手ロードサイドビジネス会社の掲げるメインポールサインには、移動目線の延長線から7秒以上前から認識できる位置に設置されています。

 

ご自身の看板も一度、看板の7秒ルールの視点から確認してみてください。

 

そのほかの「よくある質問」はこちら