ビッグウェーブで商売繁盛!建築 看板の企画・デザイン・施工から販促まで 集客に繋がるアイデアをご提案します!看板シートのご依頼・ご相談はお任せください。

トップ > Q&A一覧 > 足場シートは、現場シートや養成シートとは何か違いますか?

足場シートは、現場シートや養成シートとは何か違いますか?

現場シートと養成シートについてご説明致します。

現場シートとは?

現場シートとは、主に建築現場で現場の建物を覆い、落下物や飛散物が周囲に落ちないようにするためのものです。
建築現場の騒音を軽減する役割も担っています。
素材に関しては、ビニール系のものが多いですが、全面を覆うターポリンが一番利用されており、汚れなどが付いた場合も簡単にお手入れできます。
軽さを重視する場合には、メッシュ素材が使用されます。
また、建築現場での大きな役目としては、建設会社の巨大な広告看板として、周囲を通る方々に自社をアピールする宣伝効果が期待されています。

 

養成シートとは?

養成シートとは、建設現場で周囲に建設資材などの落下防止のために、建設現場周囲に張りめぐらせているシートです。
無地・白地・色地など様々ですが、シートに自社の広告を載せることで高い宣伝効果につながる可能性が高いです。建設現場に広告シートを設置することで、
遠くからも目につき、何より現場が実績そのものの建設会社にとっては、一番の自社アピールの場となります。


上記をご覧になってお気づきだと思われますが、呼び名は異なりますが「現場シート」も「養成シート」も基本的には、現場を覆うシートのことを言います。
無地のものが養成シート、広告が記載されたものを現場シートと呼ぶ方は多いですが「これが正しい」という呼び名は決まっていません。したがって「足場シート」も同様です。
上記以外にも、建築シート・建築幕・イメージシート・デザインシート・広告シートなど、色々な呼び名があります。呼び名に関しては決まっていませんので、お客様が呼びやすい、もしくは購入したお店に合わせて呼ばれたらと思います。

 

そのほかの「よくある質問」はこちら