ビッグウェーブで商売繁盛!建築 看板の企画・デザイン・施工から販促まで 集客に繋がるアイデアをご提案します!看板シートのご依頼・ご相談はお任せください。

トップ > Q&A一覧 > 現場シート・建築シートの補強とは、どのようなことですか?

現場シート・建築シートの補強とは、どのようなことですか?

現場シートや建築シートを作成する上での補強は、いくつかありますのでご紹介します。

現場シートや建築シートを作成する上で、重要なのが 「仕立て」「補強」になります。

特に「補強」は、 現場シートや建築シートを雨風から守るだけでなく、安全面でも重要な役割があります。


現場シート・建築シートの補強とは?

現場シート・建築シートの補強には次のようなものがございます。

 

ハトメ 加工

建築現場などの足場に、紐などを使って建築シートを固定するために、生地に穴をあけ金属の金具で補強します。

 

周囲ロープ縫込み 加工

三巻縫製の際に、補強ロープ入りのため、しっかりとした強度があります。

 

袋加工

上下パイプの投資用の縫製加工です。

 

注意事項
※ハトメ 加工・ 周囲ロープ縫込み 加工の場合、文字が仕上がりサイズいっぱいに配置されている場合は、縫製のステッチやハトメに文字がかかることがあります。
※ターポリンなどを袋加工する場合は、文字が袋にかかると読みにくくなることがあります。

 

そのほかの「よくある質問」はこちら